「結婚するなら若い子がいい」と思っている男性諸氏!そろそろ現実を見てみませんか?

ネモフィラと女性

「結婚するなら若いに越したことはない。せっかく結婚相談所に登録したんだから、希望条件に女性の年齢のことは明確に書いておこう」

こういう考え、とてもいいと思います。

だって、現実世界では自分が求める異性の特徴を事細かく書いて、その中から一番好みの相手をピックアップするだなんて、ありえない話ですからね。

けれど、婚活の世界ではそれができてしまう。

そう。できてしまうんです。

ごていねいにも結婚相談所のほうから「希望条件を書いてください」と言われるんですから。

書かない理由がないですよね。

それで好みの若い女性を紹介してもらえたら万々歳です。

ただ問題はここから先。

ぼんやりしていた異性に対する要望を文字に起こしてしまったばかりに、あなたはそのことを嫌でも自覚するようになります。

婚活男子

そうか、オレは若い子がいいと思っているんだな。まあ、当たり前だけど。30過ぎたおばさんよりも、そりゃあ、20代のピチピチした守ってやりたくなるような子のほうがいいに決まってる

大事なことは年齢以外にもたくさんあるはず。

しかし、「若さ」に固執してしまうと、それが譲れない絶対条件になってしまって、ただでさえ困難な婚活をさらに苦しいものにしてしまいます。

これは女性にも言えることですよね。

まあ、女性の場合は若さよりも気になるのは男性の年収のほうでしょうけれど。

婚活現場の若い女は同年代を希望する

ハイスペック男性

20代の若い女性を希望するのはいけないことではありません。

将来子供は2人以上ほしい、と考えたら奥さんになる女性は若ければ若いほどいいと考えるのが普通ですし、老後、足腰がたたなくなって介護が必要になったら、若い女性のほうが体力面でも安心して任せることができます。

しかしこれ、女性の側から言わせれば、

ああしてほしい、こうしてほしいという要望ばかりでいけ好かない!」

 

「当たり前のような顔で女に若さを求めるなら、自分もそれ相応に若くなくちゃいけないってことになぜ気付かない?」

 

「若い女にだって選ぶ権利はある!」

 

といった批判しか飛んできませんから、表だって主張するとなると相当の覚悟が必要になります。

そんな中でも若い女性を希望し続けるのであれば、「頑張ってください」としか言いようがありませんが、現実は相当に厳しいということだけは理解しておいてください。

なぜなら、若い女性が求めるのは同年代の男性です。

自分と10も20も年齢の離れたおじさんと新婚生活を送るだなんて、想像するのもおぞましいと思っているのが本当のところです。

ただ例外はあります。

あなたが、

  • 年齢を感じさせない若々しい容姿の持ち主
  • センスが飛び抜けて良い
  • 清潔感がある
  • 年収が1000万円以上
  • レディーファーストで紳士的
  • 常に自分を高める努力をしている

という条件に合致していれば、若い女性が群がってきても不思議ではありません。

しかし、婚活現場だけじゃなく、現実世界にだってこんなハイスペックな男性はなかなか存在しません。

いたとしても圧倒的少数でしょうし、そういう人は若いころにさっさと結婚しているか、結婚という次元の外で女性に困ることなく悠々自適の生活を送っていることでしょう。

あなたがこの例外になる努力をして、実際にそういうハイスペック男性になった上で「自分は若い女を希望する」というのであれば、その頑張りをどこかで見ていてくれる若い女性がいるかもしれません。

長い道のりになるとは思いますが、あきらめずに頑張ってください。

婚活で高望みから脱せない人間の結婚はだいたい失敗に終わる

頭を抱える男

婚活男子

「結婚はその後の人生を決定づけるものだから、ちゃんとこだわって相手探しをしよう」と一方では言うくせに、次の瞬間には手のひらを返したように「あなたは高望みだ」とか「身の程知らず」と冷笑するのはおかしいんじゃないか?

と腑に落ちない人もいるかと思います。

確かにその通りですよね。

こっちは言われたから希望条件を書いた。

書いたことでそれが絶対条件になってしまった。

婚活をする前は、優しくて家庭的な女性だったら別に年齢なんて関係ないと思っていたのに、なにかがおかしくなってしまった。

自分はこれからどうすればいいのかわからない!

負の無限ループに陥ってしまったあなたに、婚活アドバイザーが希望条件をゆるくするように言ってきたとします。

その結果、年齢ではじかれていた30代の素敵な女性との出会いが実り、結婚することができたとしましょう。

しかし、あなたはすぐに居心地の悪さを感じることになります。

なぜなら、ちょっとした行き違いや衝突のたびに、自分が「妥協」したことを悔いることになるからです。

あのとき年齢の条件をかえずにもう少し頑張っていたら、もしかしたらもっといい女性に出会うことができたんじゃないか?

年下の若い奥さんだったら、男を立てるってこともできただろうし、もうすこし可愛げがあったはずだ。

無駄に知識を蓄えた30代の女ほど扱いづらいものはない。

この結婚は失敗だった!!時間よ巻き戻れ-!!

…後悔のたびに時間が巻き戻ってくれるなら、これ以上にありがたいことはありません。

しかし、そんなことはできるはずもないので「後悔」という言葉は延々とあなたに付きまとってあなたを苦しめることになるでしょう。

婚活でこだわることは悪いことではないが歓迎できることでもない

ベクトル

「結婚は自分が幸せになるためのもの」という一方的な考え方が、結婚を難しくしてしまっているのです。

結婚相手への条件が厳しい人

すべてが自分主体。

結婚は自分を満足させるものでなくてはいけない。

自分は条件のよいものならなんでももらうけれど、相手になにかを与えるということは考えていない。

ここを「結婚は自分だけじゃなく、相手も幸せにするためのもの」という考え方にすることができれば、結婚に対する条件だって必要最小限のものにできるはずです。

こんな考えを持っている人はもう一度自分を省みてください。

  • 若い奥さんをもらったら、みんなにうらやましがられるに違いない。
  • 若い奥さんなら年上の自分を尊敬の眼差しで見てくれるだろう。
  • 若い奥さんなら自分のために血のつながった子供を産んでくれる。
  • 若い奥さんのほうが自分よりも長生きするはずだから、しっかり看取ってくれるはず。

あなたが少しでも優位な立場になるために「女性の若さ」を求めるのなら、その結婚はうまくいかないので注意してください。

今の若い女性はそんな単純な生き物ではありませんよ。

まずは自分だけじゃなく、相手の幸せも願えるような思考を身に付けることが大切です。

それが自然とできる人間は、周りから一目置かれるようになります。

「自分」からベクトルを「他人」に向けるというのはなかなか骨の折れることですが、あなたの周りにいる「人気者」を観察してみてください。

彼らがなにゆえ人気者なのかがきっと分かるはずです。

天を仰ぐ男性 ハゲた男性がモテないというのは大きな間違い!絶対無理なハゲ男にならないためには? 孤独な男 婚活で誰からも選ばれないのは変な男と思われているから?! 疲れている男性 【絶望的】婚活…低収入の貯金なし男性は結婚できないの?