【絶望的】婚活…低収入の貯金なし男性は結婚できないの?

疲れている男性

男性の場合、婚活では年収が低いというだけで敬遠されてしまうことがあります。

これは婚活現場特有の現象です。

一般的な恋愛においては、男性側の収入や貯金額が問題になってくるのは結婚を意識し出した頃なので、プロフィールのデータだけで候補からはじかれるのはひどく理不尽な感じがしますよね。

リリー

でもこれが現実なのよ…。

結婚相談所によっては年収が低すぎる場合、入会審査が通らないこともあります。

婚活のステージにすら立つことができない

これはとても深刻です。

しかし冷静になって考えてみれば、

生活が常にギリギリ、幸せになるはずの結婚が苦労を強いられるだけのもの

という状況の中に、自ら進んで飛び込んでいく女性はいないのです。

結婚にはお金がかかる

ゴースト

「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、首都圏の結婚にかかる費用の総額平均は488万円だそうです。

内訳は以下の通り。

  • 仲人へのお礼……9,3万円
  • 結納式……………15,6万円
  • 両家の顔合わせ…6,8万円
  • 婚約指輪…………41,9万円
  • 結婚指輪2人分…25,4万円
  • 挙式、披露宴、二次会…372,4万円
  • 新婚旅行…………64,6万円
  • 新婚旅行の土産…9,3万円

最近では結納式を省略したり、結婚式は身内だけで簡単に済ませるというカップルも増えてきています。

中には結婚式自体を行わず、記念写真をフォトスタジオで撮影して終わりというスタイルも。

リリー

挙式や披露宴でかかるはずだった費用をそのまま生活資金に回せるという点では、とても賢い方法よね。

しかし、結婚は本人たちだけではなく両家の親族もかかわってくるものですから、自分たちの意思決定をそのままのんでもらえるかといったら、なかなか思う通りには進まないのが現実です。

総額平均488万円の中には、親の援助やお祝い金も含まれるので、実際には負担額はもう少し少なくなるでしょう。

それでもある程度の貯金がないと結婚は難しいということが分かるかと思います。

貯金なしの婚活はきびしい

貯蓄

結婚後もお金は驚くほど簡単に飛んでいきます。

  • 新居にかかる費用
  • 引っ越し代金
  • 家電購入
  • 家具の購入
  • 保険の加入

持ち家がある、引っ越しは自分たちで済ませられる、家電や家具はどちらかが使っていたものをそのまま利用する、保険も独身時代のまま継続するということなら、最低限の出費で抑えられますが、せっかく2人での新生活を始めるのだから、家電や家具は新調したいと思いますよね。

そうなったときに貯金ゼロというのでは、せっかくの新婚生活も味気ない色あせたものになってしまいます。

まずは婚活している段階で、ある程度の貯金をしておく。

これは大前提です。

リリー

私も夫も貯金ゼロだったけど、お互いに結婚の意志が固まったところから必死に貯金を始めたわ。ゼロは本当にきびしいわよ。予定していた時期よりも結婚がずれ込んでしまったもの。

まずは貯金を始めてみる

低収入をカバー出来るもっとも簡単な方法は貯金をすることです。

その月の残額を貯金に回すというやり方だとなかなか貯まりづらいので、先取り貯金を意識するようにしましょう。

リリー

月々2万円を貯蓄に回せば、1年で24万円ためることができるわね。

ボーナスも初めからないものとして貯蓄に回すと、あっという間にお金は貯まっていきますよ。

年収が高くても浪費癖があってほとんど貯金がないという人もいます。

そういう人に差を付ける唯一の手段が貯金なのです。

副業をはじめてみる

パソコン仕事

副業を始めてみるのも一つの方法です。

この場合本業に支障が出ては元も子もないので、心身に負担のかからない方法を選ぶことが重要です。

最近ではネットビジネスが盛んになってきています。

スキルさえあれば家にいても高収入を得ることができる時代なので、なにかしらの得意分野がある場合は、そこを極めてみるのもいいかもしれません。

文章力に自信があるならWEBライター。
クラウドワークス

絵が得意ならsuzuriやpixivでグッズを販売してみる。
suzuri
pixiv

写真が得意なら無料写真素材のPhoto ACでクリエイターとして写真を投稿してみる。
Photo AC

ココナラで自分の「得意」を買ってもらう。
ココナラ

メルカリやヤフオクで不要品を売るのもお小遣い稼ぎになります。

転職を考えてみる

仕事が忙しくて副業に手を出す時間がない。

なのに、労働内容に対して給料の額が見合ってない。

そんなときは思いきって転職を考えてみるのもいいかもしれません。

今の仕事は一生続けていけるものなのか?

 

5年後10年後に現状が変わる見込みはあるのか?

真剣に考えてみても前向きな感情が湧いてこないのであれば、手遅れにならないうちに早めに行動に移したほうがいいでしょう。

年を重ねれば重ねるほど、転職のハードルも結婚のハードルも高くなってしまいます。

今さら新しい環境に飛び込んでいくなんてメンタル的にキツイ…という人もいるかもしれません。

人間には現状を維持しようとする性質があります。

変わることによって得られるものがあるはずと思う一方で、失敗したときのリスクを考えるとどうしても尻込みしてしまう、それなら現状維持でいこうと思ってしまうのです。

これは人間の本能なので仕方がありません。

リターンもなければリスクもない、そんな人生は平穏そのものでしょう。

リリー

けれど、なんのおもしろみもないわね…。

無意識の部分にある本能に抗うのは労力のいることです。

しかし、飛び込んでみないことにはなにも始まらないのです。

恐怖心に捕らわれて尻込みしそうになったら、「恐怖心」はあって当然だと割りきるようにしましょう。

その上で「恐怖心」=「学びのチャンスをつかむための儀式」と思うようにするのです。

学ぶことを恐れず前進した人間だけが見ることのできる景色は確かに存在します。

あなたは「現状維持」と「学び」どちらを取りますか?

結婚をあきらめない

新郎新婦

ここまで読んで、自分は低収入だから結婚は無理なのだろうか?と不安になった男性も多いことと思います。

副業や転職はハードルが高めですが、貯金は生活習慣を見直すだけでも貯まっていくものです。

下記のことに心当たりはありませんか?

  • コンビニに毎日行く
  • テレビはずっと付けたまま
  • シャワーは出しっぱなしで使う
  • 電気を付けたまま寝てしまう
  • 衝動買いをしてしまう
  • スマホゲームでついつい課金してしまう

とくにコンビニ通いや課金が習慣化している人は要注意です。

せっかく働いて得たお金がその一瞬の欲求のために消えていくことほどむなしいことはありませんよ!

さらに言ってしまえば、コンビニ通いや課金には依存傾向があるので、結婚できたとしても夫婦間のトラブルに発展しやすいです。

せっかく結婚までこぎ着けたのに、金銭感覚のズレが原因で離婚…というのではあまりも悲しすぎます。

今からでも生活習慣を真剣に見直してみてください。

>>>不安を感じやすい人とそうでない人の違いって?

お金に潰されそうな男性お金の不安で眠れないときの解決方法。ストレスをコントロールしていこう

低収入でも貯金しながら賢く婚活する方法

スマホ女子

婚活男子

結婚するのにも結婚後の生活にもお金がかかるってことは分かったけれど、そもそも結婚できるかどうかで悩んでいるんだよ!まずはそこをどうにかしないと…

まさしくその通りです。

まずは婚活に取り組んで、早く自分の伴侶となる人と出会いたい。

その気持ちは良く分かります。

しかし、誰でも気軽に始められるマッチングアプリは正直おすすめできません。

男性側は有料となっており、1ヶ月3000円台~5000円以内の会員料金が発生しますが、女性側はほとんどが登録無料で始められます。

そうなると、どうしてもライトな関係を求める女性や暇つぶし程度の人、中には宗教やビジネスの勧誘で登録している女性もいます。

残念ながら、こういう人たちにつかった時間は戻っては来ません。

貴重な時間を無駄にしないためにも、婚活の舞台選びには慎重になりましょう。

おすすめなのはデータマッチング型の結婚相談所

マッチングアプリよりも結婚に真剣な女性が集まる場所といったら、それは結婚相談所です。

各種証明書の提出は必須となっており、利用するにもそれなりのお金がかかります。

ということは、それだけ結婚相手探しに真面目な人が多いということです。

結婚相談所の形態としては、おもに仲介型データマッチング型があります。

仲介型仲介人である結婚アドバイザーが最初から最後まで手取り足取りフォロー
データマッチング型担当アドバイザーは付いていても、基本的には自分主体となって結婚相手を探していく

仲介型はアドバイザーと二人三脚で婚活していくという点で、どうしても料金が割高になってしまいます。

しかし、データマッチング型は自分で積極的に動かなければならず、担当アドバイザーも助言程度なので、その分結婚相談所にしてはとてもリーズナブルな値段設定になっています。

女性との交際経験がまったくなく、なにをどうしたらよいのか分からないとか、仕事が忙しすぎて自分で動くだけの時間が持てないという場合は仲介型。

そうでない限りは、データマッチング型の結婚相談所でも十分です。

極力お金を使わないようにし、なおかつ安全な方法で婚活をしていくには、データマッチング型の結婚相談所がベストな選択だと言えます。

データマッチング型結婚相談所のおすすめ

データマッチング型でリーズナブルな値段の代表的な結婚相談所は以下の3つ。

従来の仲介型の結婚相談所だけではなく、手ごろな価格で婚活を行えるデータマッチング型の結婚相談所が増えてきたことで、婚活のイメージはガラリと様変わりしました。

大手企業のゼクシィ楽天が参入してきていることも、婚活をもっと開放的に、ファッショナブルにすることに一躍かっていますよね。

なれそめを訊かれて「ゼクシィで出会いました」「楽天のパーティーで…」と胸を張って言える時代なのです。

ぜひ自分に合った婚活現場で素敵な出会いを見つけてくださいね!

新郎新婦【婚活の方法】ゼクシィ縁結びエージェントで本当に結婚できるの?特徴や評判は? バルーン楽天オーネットの口コミ評判がヤバイ。本当に出会える?費用や特徴は?