独身女は寂しい…。30代女性が孤独を感じる瞬間と解消法

窓辺の女性

毎日会社と自宅の往復だけ。

どこかに素敵な出会いはないかしら…。

そんなふうにため息を付きながら、気が付いたらあっという間に20代が終わってしまった。

私は、ここから先もずっと変化のない日々を過ごしながら、同じようにため息をついて生きていくんだろうな…と虚しい気持ちになっている働き盛り30代独身女子に向けて、今日は孤独感の解消法について書いていきたいと思います。

この記事をおすすめする人
  1. 30代の独身女性
  2. 出会いがない女性
  3. 孤独がつらいと思いはじめている女性
  4. 結婚したいと思っている女性

独身女性が孤独を感じる瞬間とは?

クリスマスの乾杯

独身でも実家暮らしをしている女性と独り暮らしの女性では、孤独の色合いも違ってくると思います。

実家暮らし独身女性の孤独
  • 家族と一緒に生活していることで、余計結婚できない現実がのしかかってくる。
  • 既婚のきょうだいがいる場合、一堂に会するときに惨めな思いをする。
  • 既婚のきょうだいが同居している場合、疎外感が半端ない。
  • 病気のときに看病してもらえる分、いつまでも親に頼っている自分がなさけなくなってくる。
  • 近所の人たちの視線が気になり、居心地が悪くなる。
  • 家事や家計管理を親任せにできるので、独り身であることに向き合う時間が長くなってしまう。

実家暮らしをしていて家族もいるから、独身とはいえ、そうそう頻繁に孤独を感じることもなさそうと思いがちですが、実家暮らしをしていても孤独感はふとした拍子に襲ってきます。

婚活女子

結婚しないことを何かにつけて指摘されるのがストレス。一番悩んでいるのは私自身なのに…。

既婚のきょうだいが同居している場合の肩身の狭さは相当なものでしょう。

表向きは仲が良くても、外からお嫁(婿)に来た義きょうだいの我慢やストレスはひしひしと伝わってくるはずです。

それに伴って、両親やきょうだいとの関係もぎこちなくなり、なんとなくみんなが自分を煙たがっている空気を感じるようになり、それでも独り暮らしに踏み出せない己の不甲斐なさを思い知り…。

周りにたくさんの家族がいても、誰とも心を通い合わせることができない孤独感は、独り暮らしのそれよりも根深い闇を湛えているといっていいでしょう。

うちの近所でも結婚しない妹の存在が原因で、兄のお嫁さんが子供を連れて家を出て行ったという話を聞いたことがあるわ…。

リリー

独り暮らし独身女性の孤独
  • 家に帰っても出迎えてくれる家族がいない。
  • 休日は一日中誰とも会話をせずに過ごすということも起こりえる。
  • 病気のときに看病してくれる人がいない。

独り暮らしで一番つらいのは、病気になったときに頼る人がいないことです。

軽い風邪でも体調が万全でないと気持ちも弱気になってしまうものですが、これが全身の体力消耗が著しい重い病であれば、自分1人では病院に行くこともできないし、薬を買うこともできません。

独り暮らしだと、どうしても周りに迷惑をかけたくないという気持ちが働くので、緊急の場合でもギリギリまで我慢してしまい、取り返しの付かないことにもなりかねません。

そんなときに、しっかりとした判断のできるパートナーがいれば安心して身を委ねることができますが、1人だとそういうわけにもいきません。

仮にこのまま結婚せずに定年を迎えた場合、肉体的にも色々な病気が出てくるころですから、1人ですべてを判断しなければならない環境というのは、かなりシビアです。

生涯独身はメンタル的にもつらいかもね。

リリー

最後に、30代になっても独身から抜け出せない女性全般の孤独をまとめてみましょう。

独身女性全般に言える孤独感
  • 周りの友人知人が続々と結婚していき、休日に遊べる友達がいなくなる。
  • 周りの友人知人が続々と結婚していき、話の内容がかみ合わなくなってくる。
  • 街を歩いているラブラブなカップルを見ていると胸が締め付けられる。
  • ふとした拍子に老いを感じ、自分は無価値な人間なんじゃないかという思いにとらわれる。
  • SNSで家族自慢をしている人を見ると胸がえぐられる思いがする。
  • クリスマスやバレンタインデーの街の賑わいがつらい。

変化のない日々を送っていると、自分が確実に老いていっているという事実に気付かないことがあります。

テレビで自分と同じ年齢の人が映っているときに「やけに老けてる~」という感想を持ったことはありませんか?

実際、あなたも端から見ればそう思われているかもしれないのです。

しかし、生活スタイルが20代のころから変わっていなかったり、周りの人間関係にも変化がないと、そのことに気付くこともなく、若いころの気持ちのまま肉体だけが衰えていっているということが起こりえます

ふとしたときに鏡に映った自分を見て現実に絶望、今まで信じていた自分の価値がもう誰にも通用しないものなのではないかと思ったときの孤独感って、かなり切ないものがあります。

スキップする女性 孤独でつらい時に考えるべきこと。人生は苦しみだけじゃない。自分を幸せへと導く3つの方法

独身でいることに寂しくなったときの解消法

フェイスケア

出会いがない30代女性の寂しさが解消される日が来るのだとしたら、それは理想の男性が目の前に現れて恋愛に発展したときだと思うのですが、20代のころから待ち続けているそんな男性が、何かの拍子にひょっこり出現するというようなミラクルは起こりません。

だから、待っていてはダメなのです。

ぜひ、自分から積極的に探しに行ってください。

まだ30代で、肉体の衰えが顕在化しない今のうちに。

といっても、平凡な日常からどうやって探し出せばいいの?と思ってしまいますよね。

まずは、ルーティン化した毎日に変化を起こすところから始めてみましょう。

一日1つでいいので、昨日とは違うことをしてみるのです。

たとえば、

  • 仕事の帰りにカフェに立ち寄って読書をしてみる。

これだけでも、職場と自宅の往復だけだった今までとは違う行動をしていることになります。

  • いつもスマホを開いている時間に集中してフェイスケアをしてみる。

見慣れていたはずの肌でも、じっくり向き合ってみると、意外な衰えに気付くものです。

  • インスタントコーヒーをやめて自分で豆から挽いてみる。

生活の一部にこだわりを見つけると、新たな自分との出会いが楽しくなってきます。

こうして昨日の焼き増しとは違う生活を心がけるようにすることで、似通った悩みや寂しさを遠ざけることができます。

変化のない日々は平穏で安心ですが、心のどこかでこのままではダメだという思いがあるから、あなたは苦しんでいるのです。

それなら、昨日と違う今日を作り出して、心をリフレッシュさせればいいだけです。

思考に変化が現れると、行動にも良い影響をもたらすようになります。

将来のパートナーを求めて飛び出す勇気。

それを手に入れる一番手っ取り早い方法が、「小さなところから変えていく」なのです。

さあ、明日はどんな新しいことをやってみますか?

婚活女子

手の込んだ料理を1つマスターしてみようかしら。

独身が長引く前に結婚相談所を利用してみる

結婚指輪

1人ぼっち、誰からも選ばれない、愛されないという気持ちが強くなっていくと、やることすべてが空回りしてしまったり、果ては心が悲鳴を上げるということにもなりかねません。

婚活うつという言葉もあるくらいなので、自分やばいかもと思ったら、どこかで一度立ち止まって今後の自分のあり方をゆっくりと考えてみることも大切です。

自分に課題を設けてみるのもいいかもしれません。

たとえば、

  • 32歳まではこの方法で婚活をしてみる。それでうまくいかなかったら、次の方法を試してみる。
  • 35歳までにはいい人を見つける。もし駄目だった場合も37歳くらいまでは余計なことを考えずに、黙々と婚活を続ける。
  • それでもだめだったら、あとは自然の流れに任せてみよう。動物を飼ってお世話するのもいいかもしれない。

ある程度目標を掲げることで、そのつど心の整理も付くようになります。

また、より結婚への真剣度の高い場所に身を置くようにするというのも、現状を打破するためには重要なことです。

自分1人で頑張っていると、方向性を見失ったり、負のループに陥ってしまうということもあります。

結婚相談所で担当者にアドバイスを受けながら、そのつど軌道修正をして婚活をしていくという方法もおすすめです。

ただ、結婚相談所にも手取り足取りフォローをしてくれるタイプと、ある程度は自分で動き、担当者は助言程度にとどまるタイプとがあるので、自分にはどの方法が合っているのか確認してみましょう。

結婚に真剣な男女が集まる結婚相談所まとめ▶